リーファーワインとは

FUKUMASAは、日本初リーファーワイン専門店です。

日本で初めてのカンティーナ(ワイナリー)からご自宅まで24時間15℃前後の定温管理したワイン=「リーファーワイン」の専門店。

イタリアで飲む鮮度をそのままご自宅までお届けします。

ワインは20℃を超えると傷み、「アセトアルデヒド」という二日酔い物質が生成され体に良くありません。

Fukumasaは24時間の温度管理をし、お届けすることに拘る事で「カンティーナ(ワイナリー)で飲む味わいをご自宅で」そのまま味わえます。

日本で飲むワインのクオリティを上げる事、「日本のワインを美味しくしたい」を目標に厳選したワインをお届けいたします。

ワインの風味を劣化させることなく日本へ運び入れるために当社がコストをかけていること。

ワインを載せたタンカーは、イタリアから日本まで、灼熱の赤道直下を何度もくぐりながらやってきます。

通常のコンテナであれば室内温度は40度以上に達し、ワインの味や風味はこれが原因で劣化してしまいます。

当社は24時間15℃前後の低音での温度管理が可能な特殊コンテナを採用。

まさに船上のワインセラーさながらに、ワインをリフレッシュな状態でキープし、輸送しています。

さらに、内陸輸送についても定温輸送をし、定温倉庫で保管し、お客様へのお届けもクール便のみ。

弊社では「ワインは、生もの」という考えものと、取り扱っています。

(海上輸送イメージ)